2017.01.19 Thursday

「REBORN」メイフェアからクーパーへ

カテゴリー:本日のお仕事

2017年、

あけましておめでとうございます。

みなさんはもう普段通りの生活に入っていることと思います。

今年もリッチーカーズ、よろしゅうお願いします。

 

てなわけで、

昨年に引き続き、

ローバーMINIです。

 

オールペイント作業をしていた

オールドイングリッシュホワイトのメイフェアさん、

完成いたしました〜〜〜〜!!!!

(*゚▽゚*)パチパチ

 

 

色は、オレンジ系やブルー系など

いろいろご本人迷われた末に決定した

マホガニーブラウン!!

ポルシェ911の純正カラーにもある色です。

 

いい色ですね。マホガニーブラウン、めったにないので

目をひきます。

 

 

屋根は同色でもいいかと思ったのですが

お客様の希望で白にするクーパー仕様に。

 

そうしたら、

ドアミラーも白に変えなきゃおかしい、

ってなって

 

そしたら

フロントグリルもクーパー仕様に

したい、

ってなって

 

そしたら

フロントのボンネットデカール、

白のライン入れますか?

ってなって

 

いや、ボンネットは入れたくないって、

 

でも、サイドラインはクーパーにしたい、

ってなって

 

ホントはホイールも変えたいけど

 

なんだかキリがなくなってしまい、

こんなところでおさまりました。

 

メイフェアをクーパーにするのって

結構大変なんですね。

 

無事に納車しまして、

お客様もすごく喜んで満足いただけました。

良かったです。

 

 

2016.12.10 Saturday

「REBORN」メイフェアからクーパーへ

カテゴリー:本日のお仕事

購入した時からずっとうちで整備していただき、

大切に乗っているミニのお客様。

 

大切にしていても経年によるボディの

劣化はなかなか避けられず、

でも別のミニ買うよりこの個体を大切に

まだまだ乗りたい!とのことで

 

何年か迷ってたけど

いよいよかかることになりました。

オールペンです!

 

99年最終型ローバーミニ・メイフェア

の現在はイングリッシュホワイトです。

これを何色にするか?

一言でオレンジ系・ブルー系・ブラウン系といっても

多種多様の色見があり、

明度・彩度はどれくらいかによっても全く違う色になる。

 

結局、車のボディカラーで出してる

2012年のBMWのなになにのカラーというのが

一番わかりやすく、伝わりやすいってのがわかった。

あと、メタリックカラーって単に色の上にキラキラした

ものをのせただけという印象だけど

実際はメタリックを抜いた色となると

最初に見た色よりだいぶ暗めになってしまうって

ことも判明。

色は難しいね。

そして実際、色を作ってペイントしてみないと

どんなボディカラーになるのかわからない。

まあそこがオールペンの楽しみでもありますが。。

 

作業は現段階で下地のサンディングが終わり

サフェイサーというベース塗装が完了したところ。

 

仕上がりはどんなふうになるのか、

乞うご期待!

 

 

 

 

 

2016.10.19 Wednesday

ロータスツインカム オルタネータプーリー

カテゴリー:本日のお仕事

おひさしブログになってしまいすみません。

リッチーカーズ工場長、リチオです。

 

ようやっとこのところ晴れてきましたが

雨の日も多かったですね。

 

使用頻度の高いワイパーブレード。

そろそろ交換したいとお客様。

ネットで注文してご自身で交換したところ、

取り付ける時にピシッッ、、、

とガラスにバネがバウンドして

ヒビが入ってしまった。

 

結局、ガラス交換して13万くらい。

普通にワイパー交換うちでしていれば4000円くらいで

すんだのに。。。

せっかくの節約がかえって痛い出費になってしまった。

 

みなさんはこんなことありませんか?

ご自分で交換するときは気をつけてくださいね。

 

ワイパー、立てたままにしちゃダメですよ。

 

 

さて、本日の仕事は

ロータスツインカム、オルタネータープーリー。

 

前回純正を加工してプーリーを交換。

それでもやや回転のふれが大きいため

ジェラルミン製の超軽量プーリーに

することにしました。

 

プーリーの取り付け部分のシャフト径も

やや小さくなったので

これで期待できます。

ガタなくなるかなーーーー?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.08.23 Tuesday

エラン真夏の夜の整備

カテゴリー:-

リオオリンピックも終わって、

ちょっと虚脱感。

 

リッチカーズ、リチオです。

 

台風と大雨は、なんとかこちらは大丈夫でした。

ご心配おかけしました。

お預かりしております愛車は無事です。

 

 

お客様の「そろそろ足回り、やりたいんだよなぁー」

のひとことで決まった、

ロータスエランのリアサスペンションのオーバーホール。

 

 

ご存知の通り、

エランのリア足回りはコーリンチャップマンが生み出した

チャップマンストラットといわれる

ダブルウイッシュボーン式と

マクファーソンストラット式を

合わせたような足回り。

 

 

特長としては

アッパー側のAアームを排除して

ストラット式のショックが頂点で位置決めをして

ラバーカップリングを配して

ドライブシャフトがAアームの分も

路面からの応力を受け止めるという

独特な構造になっております。

 

ロータスヨーロッパやエスプリも

これでいこう!ってことになるんだが

さすがにエスプリはでかすぎたのか、

S3からアッパーアームをプラスすることに。。。

 

しかし、部品点数が少ない分

軽くていいのだね。

 

当時のスポーツカーとしては

かなり画期的な足回りだったわけで(1960年代前半)

ロングストロークと軽量化

コストダウンに成功。

 

今回は純正品ではなく

スパックスの車高調整式にコンバートしたことにより

スプリングの選択肢が増えた。

 

エランオーナーには是非、おすすめです!

 

 

 

 

 

 

2016.07.30 Saturday

6月のドイツ旅の話

カテゴリー:音楽・観劇・イベントなど

毎日お暑うござぃます。

 

6月に遅めのゴールデンウイークをいただき

ドイツの旅に1週間行ってました。

 

我が社の名前のもとになっている

ギタリスト、リッチーブラックモア御大が

70歳すぎてロック回帰するということで

行くなら今しかないでしょ!てなわけで

ドイツ「モンスターズオブロック」。

 

がんばって、なじみの深いわけもない

ドイツの、ライン川途中ローレライ近くの

ザンクトゴアルスハウゼン。山の上。

舌噛みそうな。

 

ドイツの野外フェスでリッチーに会えるなんて

めっちゃ優雅でゴージャス、ハイテンション!と思っていたけど、

実際は雷雨の中でひとりずつボディチェックからはじまり(泣)

野外は山の斜面でめちゃ水分含んだ土との戦い、

寒いのにドイツビール飲むからトイレ我慢の戦い(やっぱり飲んじゃうね)

などなどあり。

 

しかしながらリッチーが登場となれば

みんなそんな辛いことも忘れて

どよめき〜自然にウエーブ。

 

まさかの「HIGHWAY  STAR」1曲目。

 

そこからは

リッチーブラックモア、

ロックをセミリタイアしてからの何年もを

埋めるかのように、

ファンもそれそれ!と思いだし共有するかのように

ひとつひとつ丁寧に、これでもか!

と、同じ時間と空間を過ごす幸せを噛み締めながら。

 

ボーカルのロニーロメロが期待以上に

すごかったせいで

だいぶ曲にのめり込めた。

STARGAZERとか、MISTREATEDとか、

治療不可とか、素晴らしかった!

 

 

確かに、手術したので指の動きや

フレーズはもちろん昔みたいにはいきませんが

あの誰にもまねできない

リッチー節は健在で、鳥肌もんでした。

 

おかえり、リッチー。

 

相変わらず無口だけど圧倒的存在感。

それにエンターテインメント性が増して

人間的に丸くなったような?(気がする)

 

貴重な貴重なドイツ旅になりました。

ありがとうございました!

 

 

帰ってきたら

仕事が山積みで

ロータスヨーロッパ、

ディスカバリー、レンジローバー、

ローバーミニ、ディスカバリー。

 

みんなここにきて

一筋縄ではいかないものばかりで

汗汗汗。。。。

 

お盆までがんばりまっす!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
New Posts
Categories
Archives
Comment
Profile
Links
  • エスプリな日常生活
  • Ritchie Cars ホームページ
Search
Others
Mobile
qrcode
PR